お問い合わせ

TEL: 050-5539-5261

営業時間

10:00 ~ 18:00 (月~金)

BAMBOO CREATIONのオリジナル絵本「オリジナルブックストア」
BAMBOO CREATIONのオリジナル絵本「オリジナルブックストア」

関連サイトご紹介

スマート読書倶楽部イメージ
革靴倶楽部EYELETイメージ

士業を取り巻く原状を把握しましょう

法曹三者の人口推移
法曹三者の人口推移

 士業といえば、確固たる資格を持ち、専門性を生かして活躍するあこがれの職業というイメージがあります。もちろん、その通りでその資格を取得するためには非常に専門的な学修を積み重ねていらっしゃいます。

 しかし、最近では司法修習生の就職難などが取りざたされているように、非常に厳しい状況になっています。弁護士を例にすると、やはり司法制度改革による弁護士増の政策と法的ニーズにかい離があったのかもしれません。旧司法試験から新司法試験に移行し、合格者の数は1990年ごろには毎年500人で推移していたのに対して、2011年の合格者数は2,063人です。もちろん、法曹人口も増え続けているのですが、裁判官・検察官の数は大きく変動していません。弁護士ばかりが増え続けている状況です。  この傾向は、弁護士だけでなく、専門職大学院が設立されたこともあり、税理士や公認会計士など、多くの士業の数が増加傾向にあります。

 では、今後の士業業界はどうなっていくかというと、当然、競争が激しくなるといわれています。ただ、電話帳に事務所の電話番号を掲載しただけで、依頼が飛び込むような時代ではなくなりました。顧客の意思決定のプロセスには、情報共有という段階が加えられ、他の事務所とサービス内容や評判を比較検討した上で、ようやく依頼の意思を固めるというのが通常に流れだと言えます。

 これに対して何が必要になったのか、次にポイントを見ていきましょう。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © 2012 BAMBOO CREATION All rights reserved.