お問い合わせ

TEL: 050-5539-5261

営業時間

10:00 ~ 18:00 (月~金)

BAMBOO CREATIONのオリジナル絵本「オリジナルブックストア」
BAMBOO CREATIONのオリジナル絵本「オリジナルブックストア」

関連サイトご紹介

スマート読書倶楽部イメージ
革靴倶楽部EYELETイメージ

士業とマーケティング

 

 士業といえば、確固たる資格を持ち、専門性を生かして活躍するあこがれの職業というイメージがあります。もちろん、その通りでその資格を取得するためには非常に専門的な学修を積み重ねていらっしゃいます。

 私は、法曹を養成する法科大学院で学び、新司法試験に合格した方に取材することが多いのですが(たぶん、その数は50名以上だと記憶しています)、1日10時間以上学修しているという方がほとんどでした。授業は、非常に高いレベルの予習・復習が求められますし、知識をどんどん積み重ねていかなければなりません。一方で、実際に裁判官や検察官、弁護士になった時の実務も並行して学んでいます。

 新司法試験でもこの実務感覚が問われるそうです。それというのも、法曹三者はいずれにしても問題を解決する仕事。弁護士であれば、依頼者を優位にするために、法律を駆使する、法律を使ってよい結論に導くことが大切になります。このように、実務で生かすための法律を学び、日々訓練を積んでいる一方で、現在弁護士が置かれている環境に対応する力はあまり養われていません。

 それは、経営力やマーケティング力です。法曹は専門職なので、当然と言えば当然です。しかし、旧司法試験から新司法試験へ移行して、毎年2000人を超える合格者を生み出すようになっています。もちろん、法的ニーズが高まっているという前提のもとに、多くの合格者を生み出す制度設計をしているはずなのですが、合格者は弁護士事務所の求人数を上回り、2011年8月の朝日新聞の記事によると、司法修習生の4割が就職先が決まらないとのことです。就職先が決まらなかった修習生はどうするかというと、弁護士事務所に机と電話だけ置かせてもらう「軒弁」か、自分の力ですぐに独立する「即弁」、企業内弁護士の道を選ぶことになります。

 私は、実際に「即弁」の方にも取材をさせていただきました。皆さんが持つ「即弁」のイメージは仕事が少なくて大変だろうと思っていらっしゃるかもしれません。ところが、取材対象者の方がとても優秀な方だったとは思うのですが、その方々は、即弁して成功されていました。そして、その方々を見て感じるのは、新しいことへの挑戦に躊躇しないということや自分が持つ人的ネットワークの活用をしているということです。特に、弁護士だけでなく、公認会計士や税理士など他の士業と連携し、シナジー効果をあげるなどの工夫をしてニーズを拾い上げているという印象を受けました。そのため、どんどん事務所を拡大されているようです。

 このように、専門性が高い士業の方が社会のニーズをつかむマーケティング力をあげていけば、眠っている法的ニーズを掘り起こすことができるのではないでしょうか。これまでのように、学修を積み重ね、試験に合格すれば安泰という時代ではなくなってしまいました。しかし、そんな時代だからこそ、未来を自分の力で切り開くチャンスかもしれません。バンブークリエイションとしては、マーケティングに課題を持つ士業の皆さんのお力になれるような情報を提供していきたいと考えています。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。
1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © 2012 BAMBOO CREATION All rights reserved.